読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこの気まま暮らし

Perlについてとか、創作についてとか、発展途上の自分と向き合う記録。

Dartを使ってみる

Dart

Dart: Structured web apps

  • ECMAの標準規格になったらしい
  • jsにcompile可能な汎用言語らしい
  • javajavascriptのいいとこ取りらしい

ってことで試してみる

イメージ

  • DartEditorなるものがあるけど、とりあえずvim使ってみる
  • Botでも書いてみるかー?
  • for web appsな雰囲気あるけど、現状はWEB向きってだけで別にCLIツールでも良さそう
  • とりあえず感触を知るところを目的に、いきあたりばったりで。

installation

core

homebrewでdartの1.6.0がインストールできるらしいのでいれてみる。

$ brew update
$ brew upgrade
$ brew install dart

versionを見てみる。

Dart VM version: 1.6.0 (Tue Aug 26 22:30:33 2014) on "macos_x64"

これで、以下のbinが入るよう。dart-sdkの梱包物。

  • dart
  • dart2js
  • dartanalyzer
  • dartfmt

今回はdart-editorいれなかったけど、brew install dart-editorでいけるっぽい。

vim-plugin

dart-vim-pluginがある。

NeoBundleの設定に追加してインストール。

NeoBundle 'dart-lang/dart-vim-plugin'

...とおもったら、デフォルトだとfiletype認識してくれないので以下を追加。

au BufNewFile,BufRead *.dart    set filetype=dart

hello world

hello-world.dart

void main() {
  print("hello world!");
}
$ dart hello-world.dart
hello world

できた。簡単。 ・・・ついでにdart2jsも試してみる。

$ dart2js hello-world.dart
Dart file (hello-world.dart) compiled to JavaScript: out.js

out.jsに吐出されたらしいのでひらいてみ・・・・・・・・・

・・・・

・・・・

・・・・そっ閉じ。

next()

とりあえずインストールはしたのでこれからコツコツ勉強してこう。

実際、今まで培ったnpmライブラリの知見を活かせない(dartdart専用のライブラリを使う)のは大分未練がある。 でもシンタックス的には結構良さそうにも見えるので、今後に期待を込めて続けられたらいいのかなって雰囲気。

npmライブラリを利用できるか、node上でdartをエミュレートできると移行と実験しやすいんだけど・・・。

まあ、ともあれ勉強っすな