読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこの気まま暮らし

Perlについてとか、創作についてとか、発展途上の自分と向き合う記録。

EC6のimport及びexportを使いたい

jspm関連でEC6を使おうとしたけど、moduleの管理の仕方いろいろあってどうすればいいのかわからなかったので調べた。 SystemJSを使ってブラウザでもEC6のコードを利用できます。

SystemJSのI/Fで利用

ファイルをimportする

<script src="system.js"></script>
<script>
System.import("runtime-hoge");
</script>

ファイルをimportして処理を行う

<scirpt src="system.js"></script>
<script>
System.import("promise-hoge").then((hoge) => {
  // exportした`hoge`が引数に渡される
  console.log(hoge);
});
</script>

pollyfillを使う

<scirpt src="system.js"></script>
<script type="module">
import {hoge} from 'hoge';
console.log(hoge);
</script>

Polyfillを使ったmoduleシステムの利用

名前付きでエクスポート

fuga.js:

export var fuga = 'hoge';

index.js:

import {fuga} from 'fuga';
console.log(fuga); // hoge

名前付きでエクスポート

fuga.js:

var fuga = 'hoge';
export {fuga};

index.js:

import {fuga} from 'fuga';
console.log(fuga); // hoge

名前を指定しないでエクスポート

fuga.js:

export default var fuga = 'hoge';

index.js:

import fuga from 'fuga';
console.log(fuga); // hoge

エクスポートしないでcodeだけ実行する

fuga.js:

console.log('fuga');

index.js:

import 'fuga'; // fuga